ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 第2次カテゴリー改訂を終えて | トップページ | プラハ音楽院 »

2010年1月27日 (水)

禅問答

「難しくて解らぬ議論」「かみ合わぬ議論」くらいの意味か。難しい言葉を連ねて議論は白熱しているが、具体的にはサッパリという場面の描写に用いられることが多いような気がしている。議論の当事者は自覚していない場合が多く、もっぱら周囲からの評価の中に出現する言葉だ。

プラハ音楽院で教鞭をとっていたドヴォルザークはある日生徒たちにむかって問いかけた。

「モーツアルトとは何ぞや」

いやいやかなりの難問だ。この瞬間、禅問答の資格十分である。問われた生徒たちの心中は察するにあまりある。正解のある問いではあるまい。おそらく苦労してひねり出したであろう回答にドヴォルザーク先生は納得せず、生徒を窓辺に誘い出し外を指さして言った。

「モーツアルトは太陽だよ」

その寓意といい意外性といいウイットといいブラームスが泣いて喜びそうな回答だ。この機転が、禅問答という言葉の持つある種の陰湿さを迂回して、極上の喩えになっている。

« 第2次カテゴリー改訂を終えて | トップページ | プラハ音楽院 »

コメント

<ひふみ様

おおお。ブルックナーにもございましたか。
さすがモーツアルトは人気があります。

ブルックナーにも似たようなエピソードがありますよね。

要するに誰にとってもモーツァルトは特別な存在だったということなのでしょうね。

<魔女見習い様

おお。本日はモーツアルトの誕生日でしたか。これはまた奇遇でござりまするな。

さすがはドヴォルザーク先生ですね!

今日は「音楽界に太陽が昇った日」になるのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 禅問答:

« 第2次カテゴリー改訂を終えて | トップページ | プラハ音楽院 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ