ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ドヴォルザーク記事100本 | トップページ | まともな方向 »

2010年2月16日 (火)

校長席

ムジークフェラインザールには校長席があったという。ボックス席だったらしい。どこの校長なのだろうか。ウィーン高等音楽院の校長と解するのが自然だと思う。

1896年2月16日ウィーン。ムジークフェラインザールでのウィーンフィルハーモニー管弦楽団の演奏会で、ドヴォルザークの新世界交響曲が演奏された。指揮はハンス・リヒターだ。このときの演奏は語り草で熱狂的な盛り上がりだったと記録されている。

既に米国から戻っていたドヴォルザークも聴いていた。彼は出版に際しての作品の校訂者でもあるブラームスと並んで校長席に陣取っていた。ブラームス自身はこのときどこの校長でもなかった。ドヴォルザークはブラームスからウィーン音楽院の教授就任を誘われたが固辞している。2人も校長ではなかった。単にロイヤルボックス代わりだったのかもしれない。

おそらくこれが新世界交響曲のウィーン初演だ。

« ドヴォルザーク記事100本 | トップページ | まともな方向 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 校長席:

« ドヴォルザーク記事100本 | トップページ | まともな方向 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ