ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« マッハ | トップページ | 管楽セレナーデ弦楽合奏版 »

2010年2月19日 (金)

ハンブルク土産

一昨日旧友と一献傾けた。昨日の記事「マッハ」がピンポイントネタだったから、一日遅れの言及になる。

ご主人がドイツに出張してハンブルクのブラームスムゼウムに立ち寄ったという。何よりの収穫は、先に献本した「ブラームスの辞書」op122のその後の消息が判明したことだ。

Dscn2797

ちゃんと収蔵されていた。譜面台左側の本だ。隣にあるのは「4つの厳粛な歌」op121ジムロック社製の楽譜だ。「op122とop121」が並んでいるということだ。10日あまり前の写真である。

他にも土産をたくさんいただいた。絵葉書とボールペンとバッジだ。それから博物館のパンフレットなど。

002

003

004

それからポスターもあった。縦840mm、横600mmの大判だ。「ブラームスの辞書」と比べると大きさが実感出来る。

Photo_2

もったいないから、さっそく額に入れて部屋に飾った。何だか空気が締まった感じがする。

005

写真もたくさん撮ってくれているらしい。

« マッハ | トップページ | 管楽セレナーデ弦楽合奏版 »

コメント

<みーママ様

はい。写真のピアノは1848年バウムガルテン・ウント・ハインス社製のピアノだそうです。いわゆるスクエアピアノでしょうか。貧しかった彼は、同社のハンブルクのショップで弾かせてもらっていたようです。

ちなみに絵葉書でブラームスが肘をついているのは、ベーゼンドルファーです。

ポスターはベッケラートの有名な絵ですが、パイプの煙までちゃんと描いてあるとは思いませんでした。腕の交差が見られますが、ロ短調ラプソディの18小節目付近とも言われています。

部屋の空気がキリッと締まってまいりました。

写真のピアノかっこいい!!
拡大して見入ってしまいました。

蓋の開け方もなんだかユニークですね。
一体どんな音が出るのでしょう。

こんなピアノ欲しいです!(骨董屋の血が騒ぐ)

大型ポスターもイケてますね♪

<魔女見習い様

はい。宝の山でございます。
でも「ブラームスの辞書」op122は、本来書棚にしまってあったものを、撮影用にと取り出してくださったようです。

特大のポスターは娘たちにドン引きされています。「友達連れて来れない」と言われました。

うわぁ~♪宝の山ですね!
さすがドイツ。収蔵品の見せ方がおしゃれです。
素敵なお友達がいらして、アルトのパパさんはお幸せですね。
後日談もありそうで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンブルク土産:

« マッハ | トップページ | 管楽セレナーデ弦楽合奏版 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ