ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 校長席 | トップページ | マッハ »

2010年2月17日 (水)

まともな方向

1896年2月のある日だ。

ブラームスは友人のホイベルガーと昨今の作曲業界というノリで意見を交わす。ドヴォルザークは、このときもブラームスから別格の扱いを受けている。

「放っておいてもまともな方向に進みそうなのはドヴォルザークだけ」と言っている。

ドヴォルザークはこのときもう55歳だから、さすがに注目の若手というニュアンスではなくなっている。音楽界の重鎮・大御所のブラームスには、最新情報が逐一もたらされていたはずだ。ブルックナーはもちろん、リヒャルト・シュトラウスやマーラーの作品も知っていた。それでいてなお、「まともな方向に進みそうなのはドヴォルザークだけ」という言葉は意義深い。ブラームスにとっての「まともな方向」を垣間見ることが出来るエピソードだ。

一方のドヴォルザークものんびりしている場合ではない。2月9日の記事「多分偶然」を思い起こす。1895年チェロ協奏曲、13番目と14番目の弦楽四重奏曲を発表した後、ブラームス風な「絶対音楽」の作品がパッタリと途絶えるのだ。1904年に没するまで8年の残り時間がありながら、彼の興味は完全にオペラや交響詩に絞られる。

ブラームスが「まともな方向」と口にしたとき、ドヴォルザークのこの路線変更が考慮されていたのか興味深い。

« 校長席 | トップページ | マッハ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まともな方向:

« 校長席 | トップページ | マッハ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ