ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« イタリア旅行 | トップページ | 公と私 »

2010年2月24日 (水)

ボヘミアのブラームス

英国ジャーナリズムがドヴォルザークに奉った通り名だ。

ケンブリッジ大学からの再三の招請にもかかわらず頑としてドーヴァー海峡を渡ることを拒んだブラームスと対照的に、ドヴォルザークの渡英は生涯で9回を数える。

1884年ドヴォルザーク最初の渡英のときから、英国はドヴォルザークを暖かく迎えた。本人の指揮による「スターパトマーテル」が絶賛されることでもたらされた報酬は、別荘購入を実現させた。

第7交響曲初演を手みやげに訪れた1885年には、ほぼブラームスと同等の評価を勝ち取り、瞬間的にはブラームスの名声をかき消すほどだったという証言もある。

1891年のケンブリッジ大学学位授与の頃に、「ボヘミアのブラームス」という触れ込みがマスコミに踊ったという。

もちろん鵜呑みは危険だが、英国での両者の評価の一断面ではあり得る。少なくとも私にとってあまり違和感はない。

« イタリア旅行 | トップページ | 公と私 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボヘミアのブラームス:

« イタリア旅行 | トップページ | 公と私 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ