ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« アウフタクト | トップページ | 周辺の探索 »

2010年3月13日 (土)

ジプシーの歌

ブラームスにもドヴォルザークにも「ジプシーの歌」がある。

ブラームスのものは「Zigeunerlieder」と綴られ、ソプラノ、アルト、テノール、バスによる四重唱で、全11曲からなる。作品番号103で1888年の作品だ。

ドヴォルザークのものは「Zigeunermelodien」と綴られるから「歌」というより「旋律」だ。こちらは独唱用で全7曲だ。ヘイドゥークというチェコの詩人によるテキストだが、作者本人によるドイツ語訳に曲がつけられた。ジムロックからのドイツ語の歌曲集の注文に答えたものだという。この内の4番が特に名高い。一般に「我が母の教えたまひし歌」という邦題で親しまれ、ドヴォルザークの歌曲最高傑作の座に君臨中である。また冒頭の1番「我が歌ひびけ」は、歌い出しがアウフタクトになっていて「ジプシーの歌」をアウフタクトで始めなかったブラームスと一線を画す。

1880年の作品だからブラームスより古い。何かというとブラームスからの影響ばかりが指摘されるドヴォルザークだが、この曲ばかりはブラームスに影響を与えた可能性がある。

2つの「ジプシーの歌」を繋ぐキーワードがもう一つある。ウィーンの宮廷歌手グスタフ・ワルターの存在だ。ドヴォルザークの「ジプシーの歌」は彼に捧げられている。ドヴォルザーク同様にボヘミア出身だ。

ブラームスの「ジプシーの歌」は四重唱ではあるが、テノールに充分な光が当てられていている。「恋唄」op71-5同様グスタフ・ワルターを意識した作品だ。

« アウフタクト | トップページ | 周辺の探索 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジプシーの歌:

« アウフタクト | トップページ | 周辺の探索 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ