ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 指名手配 | トップページ | 虚数 »

2010年4月17日 (土)

追加手配

昨日の記事「指名手配」で、ブラームスにおいて頻発する「poco f」が、ドヴォルザークの楽譜上には見られないと書いた。どなたかご存知ならご一報をという意味だ。本日はその追加である。

あらたに追加手配になるのは「sotto voce」と「mezza voce」だ。どうも今のところこれらが発見出来ない。ひょっとするとドヴォルザークは使っていないのではないかとも思っている。自然科学で見られる予測みたいなものだ。

すなわちその時点までの観察の結果、かくかくしかじかの法則があるのではないかというパターンである。冥王星発見のエピソードを思い出して欲しい。

後日それらが発見されればされたで、お詫び記事を含む数本の記事が書けるに決まっているから、こういう宣言も悪くない。

« 指名手配 | トップページ | 虚数 »

コメント

<けいまま様

ご指摘ありがとうございます。
指名手配ですから、捕まった方がいいのです。
市民の協力で検挙にこぎつけました。
ブラームス神社のお賽銭から懸賞金を差し上げねばなりません。

「sotto voce」にはお心当たりはありませんでしょうか。

アルトのパパ様
ご無沙汰しています
やっと最近ここまで追い付いて参りました
毎日楽しみに読ませて頂いています

mezza voceを指名手配していらっしゃるということなのですが

ドボルザークは余り曲を知りませんが、それでも先日パパ様が「続最愛の歌曲」と呼んでおられた、op.99の中の第10曲、「新しい歌をうたえ」は歌パートはmezza voceで始めるよう指示されていますし
「母の教えたまいし歌」もmezza voceで始まります

その他にも、たまに目にする事があるような気がしています

歌パート以外の指名手配でしたら申し訳ありません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追加手配:

« 指名手配 | トップページ | 虚数 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ