ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ドヴォルザークの日 | トップページ | スターバトマーテル »

2010年4月28日 (水)

伝説曲

「ハンガリア舞曲」と「スラブ舞曲」の成功に味をしめたジムロックは、民族色豊かなピアノ連弾作品を宝の山と認識したようだ。ドヴォルザークに対してピアノ連弾作品の作曲を執拗に依頼するようになる。

その手の依頼に内心ストレスを感じながらも、作品の出来映えが素晴らしいことは、ドヴォルザークならではである。

1881年ジムロックから出版された「10の伝説曲集」op59(B117)もそうした連弾曲のひとつだ。本人による管弦楽編曲も遺っている。

よほどの自信作だ。名高い音楽批評家のハンスリックに献呈されている。さらにブラームスはジムロックに宛てて作品の出来を賞賛する手紙を書いた。

「これはきわめて魅力的な曲であり、その人物(ドヴォルザーク)の新鮮で生き生きとした豊かな創意を羨まずにはいられない」

現代の愛好家がドヴォルザークの作品と聞いていの一番に思い浮かべる作品ではない。それでもブラームスは、ジムロックから出版された楽譜を受け取ってドヴォルザークの才能を絶賛した。

« ドヴォルザークの日 | トップページ | スターバトマーテル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/43006280

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説曲:

« ドヴォルザークの日 | トップページ | スターバトマーテル »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ