ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 火星探査 | トップページ | 北大西洋航路 »

2010年4月21日 (水)

Sostenuto

ブラームスにあってはメジャーな用語だ。「ゆっくりと」と解されるが、注意も要る。「in tempo」や「a tempo」のようなテンポリセッターを伴わないケースも少なくない。テンポよりも表情が勝ったニュアンスなのだという気もする。その意味では「animato」の反対概念だ。

何よりも象徴的なのは、その分布だ。ピアノパートにしか現れない。必ずしもピアノ独奏曲とは限らず、室内楽や歌曲のピアノパートにも進出するが、ピアノ以外のパートには頑として出現しない。「ティークのマゲローネのロマンス」第4曲の56小節目の声のパートに現われるのがおそらく唯一の例外だ。

さてさて、このところ恐る恐る深追いを始めたドヴォルザークだが、彼のピアノ独奏曲には「Sostenuto」は一切現れない。ブラームスではピアノパートばかり約250箇所で用いられているのに、いったいどうしたことだろう。

ダイナミクス用語「poco f」「sotto voce」がドヴォルザークに現れないことは既に予測しておいた。本日はテンポ関連用語。ピアノ曲の比較において最大の見所と申し上げていい。

« 火星探査 | トップページ | 北大西洋航路 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sostenuto:

« 火星探査 | トップページ | 北大西洋航路 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ