ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ズロニツェの鐘 | トップページ | 間接照明 »

2010年5月18日 (火)

9曲クラブ

ドヴォルザーク最後の交響曲は現在でこそ第9番として定着しているが、初版の表紙には「第5番」と書いてあった。その他の交響曲の状況を以下に示す。

  • 第1番 初演1936年 出版1961年
  • 第2番 初演1888年 出版1951年
  • 第3番 初演1874年 出版1911年
  • 第4番 初演1892年 出版1912年
  • 第5番 初演1879年 出版1888年 ただし「第3番」として
  • 第6番 初演1881年 出版1882年 ただし「第1番」として
  • 第7番 初演1885年 出版1885年 ただし「第2番」として
  • 第8番 初演1890年 出版1892年 ただし「第4番」として
  • 第9番 初演1893年 出版1894年 ただし「第5番」として

ドヴォルザーク生前の出版は現行の5番以降の5曲だ。きっちりと出版順に付番されたことが判る。現行番号でいう2番3番4番は微妙だ。生前に初演されながら出版は没後になっている。さらに1番は初演も出版も没後である。

ドヴォルザークの交響曲がはっきりとその全貌を認識されるのは今世紀に入ってからで、出版物として完結するのは1961年ということになる。ここに至ってはじめて新世界交響曲が、「第9番」という認識が定着したということだ。

特に第1番「ズロニツェの鐘」は、ドヴォルザーク自身でさえすっかり忘れていたとされている。新世界交響曲のことを「5番と印刷された8番目の交響曲」と認識していた可能性が高い。交響曲1曲を書いておきながら、すっかり忘れてしまうというのも豪快な話である。

現在でこそベートーヴェン、ブルックナー、マーラーという「9曲クラブ」の一員と認識されているドヴォルザークだが、本人は8曲と思っていたかもしれない。

« ズロニツェの鐘 | トップページ | 間接照明 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9曲クラブ:

« ズロニツェの鐘 | トップページ | 間接照明 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ