ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 間接照明 | トップページ | クララの演奏旅行先 »

2010年5月20日 (木)

気になる

音楽史について調べていると、作曲家演奏家同士の会見の記述が頻繁に現れる。後世の愛好家にとっては興味をかき立てられる情報だ。本日はそうした観点から気になる話題を一つ。

ドヴォルザークはクララ・シューマンと会ったことがあるのだろうか。

2人の伝記を読んでもはっきりと会ったとは書いてない。ドヴォルザークがブレークするのは、1878年のスラブ舞曲だからクララは59歳である。オーストリア国家奨学金への応募の時点でもクララは55歳だった。ドヴォルザークは当代最高のピアニストであったクララの名前くらいは知っていたに決まっているが、会った形跡がない。当時の大音楽家にとって、欧州は狭い。鉄道の普及もあって彼等は演奏会のために欧州中を駆け回ったのだ。だからどこか旅先でバッタリということはあり得るのだが、記録されていない。

条件を緩める。演奏会に訪れていたクララをドヴォルザークが見たことはあったのだろうか。クララはプラハを演奏旅行で訪れている。ドヴォルザークのプラハ進出1857年以降、ドヴォルザークがクララを演奏会場で見た可能性はある。1865年がその最初で最後の機会だったはずだ。貧乏でチケットが買えなかった可能性が低くないというのが難点だ。

あるいは2人がたびたび訪れたロンドンでバッタリということはなかったのかと考える。ドヴォルザーク最初の訪英は1884年。1888年にはクララの最後の訪英があったが、この年ドヴォルザークは英国に渡っていない。1884年から86年までの計5回がチャンスだった。

« 間接照明 | トップページ | クララの演奏旅行先 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気になる:

« 間接照明 | トップページ | クララの演奏旅行先 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ