ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 貿易収支 | トップページ | ホノルカ »

2010年5月26日 (水)

公平であること

ブラームスの伝記観を端的に示した言葉「公平であることは大切だが、冷淡であってはならない」は、思うだに含蓄がある。執筆者心得として金言だと思う。同時に難しいとも感じる。

伝記の執筆依頼が来るという時点で既にその作曲家研究の第一人者という位置付けで、一目置かれていることは間違いない。学問的な泰斗であることはもちろんだが、その作曲家を好きである可能性がきわめて高いと思われる。「好きであること」は基本的には良いことだが、「公平であること」とのバランスが難しいと感じる。

音楽之友社刊行の「大作曲家◎人と作品ドヴォルザーク」はドヴォルザーク没後100年の節目に刊行された好著だ。お手頃な価格の中にデータ満載で重宝する。筆者様のドヴォルザークラブが、けして大げさになることなく伝わって来る。

一方でドヴォルザークラブが高じてジムロックの描写がきついとも感じる。全体には穏和で控えめな記述なのだが、どうもジムロックに対する記述は手厳しい。

  • 交響曲第5番とその他をジムロックに売りつけた。
  • 8つのユーモレクで4000マルクをジムロックから搾り取った。

元々作品の出版にあたってジムロックとさんざん揉めた話が、あちこちで仄めかされているが、上記は極めつけだ。淡々とした事実の記述というニュアンスを超えている。ドヴォルザークラブだけはひしひしと伝わるが、筆者様はジムロックがブラームス作品に支払った金額を知っていたのか大変興味深い。

« 貿易収支 | トップページ | ホノルカ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公平であること:

« 貿易収支 | トップページ | ホノルカ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ