ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« チャイコフスキーの嘆き | トップページ | 平城京遷都1300年 »

2010年5月 7日 (金)

アントン・ザイドル

相当なワグネリアン。ワーグナーに心酔したハンガリー生まれの指揮者だ。

1891年ニューヨーク・フィルの指揮者になった。ドヴォルザークの新世界交響曲の初演を指揮したのはこの人だ。

ドヴォルザークはアメリカから帰国後絶対音楽の分野であまり曲を遺していないことは2月9日の記事「多分偶然」で言及した。おそらくそれは、ドヴォルザーク自身のオペラへのあこがれが最大の原因だと思うが、ニューヨークでアントン・ザイドルと知り合ったことも影響しているような気がする。

ワーグナー唯一の交響曲ハ長調の自筆スコアは紛失している。現在出版されているのは、パート譜を元に復元された楽譜だという。この復元を担当したのはアントン・ザイドルその人だ。凄腕のワグネリアンだということが判る。

アントン・ザイドルの誕生日は皮肉なことにブラームスと同じ5月7日だ。

« チャイコフスキーの嘆き | トップページ | 平城京遷都1300年 »

コメント

<ひふみ様

羨ましい方がいらっしゃるものです。
お嫁に行こうが、就職しようが、出産しようが、お誕生日は一生モンですから。

私が40の手習いで始めた時のピアノの先生も5月7日がお誕生日でした。

今ではお嫁に行っちゃったかもしれませぬが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アントン・ザイドル:

« チャイコフスキーの嘆き | トップページ | 平城京遷都1300年 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ