ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 挽歌 | トップページ | 美人薄命 »

2010年5月 3日 (月)

信心深さ

ブラームス関連書物を読んでいて感じることがある。ブラームスが教会に行ったという記事を見かけない。数々の記述からブラームスがプロテスタントであることは容易に推測出来るが、あまり信心深いという感じがしない。日曜日に教会に行くことなど、当たり前だからいちいち伝記には書かれないのかもしれないが、気になる。そりゃあ親しい友人とはクリスマスカードのやりとりはしているし、贈り物も交換しているが、今一つ熱心さに欠けているような気がする。

バッハはライプチヒ・トマス教会のカントルだからとかく教会関連の記述が多い。リストは僧籍に入っていたし、ブルックナーは教会のオルガニストだ。ドヴォルザークは割と頻繁に「敬虔なカトリック」であったという記述にぶつかる。

音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」第2巻157ページに興味深い記述がある。1896年2月24日のことだ。ブラームスがドヴォルザークを「熱狂的なカトリック」と称している。「ドヴォルザークほどの働きバチは、疑ったりするヒマが無いから、子供時代に刷り込まれたことに一生従うのさ」と言っている。「自分とは逆に」というニュアンスが言外ににじみ出る。

もちろんブラームスには無視しえぬ質量の宗教作品がある。多くの場合のテキストは、聖書から選ばれている。聖書に関する知識は詩人のヴィトマンも感心しているが、信仰の深さが特筆大書されているわけではない。当たり前だから書いていないとも言える。

一方、ドヴォルザークはブラームスを評して「これほどの大人物でありながら、信仰を持っていない」と嘆く。ドヴォルザークには「大人物には確固たる信仰があるものだ」という基準があったことを物語る。そしてドヴォルザークはブラームスがその基準を満たしていないと感じているということなのだ。ブラームスのドヴォルザーク評と表裏の関係ながら矛盾しないエピソードである。

« 挽歌 | トップページ | 美人薄命 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信心深さ:

« 挽歌 | トップページ | 美人薄命 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ