ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« もう一つの論争 | トップページ | バラード »

2010年5月14日 (金)

同姓のよしみ

血縁関係が無くても同じ苗字の人には何となく親近感が湧くものだ。

ドヴォルザークのことを調べていて奇妙な話を見つけた。チェコの歴史学者にルドルフ・ドヴォルザークという人がいる。私が追いかけているアントニン・ドヴォルザークとは血縁関係はない。けれどもこの人作曲家ドヴォルザークに何となく親近感を持ったのだろう。ある時古物屋で手書きの楽譜を見つけた。ドヴォルザークと署名があるから、それを買い求めた。

やがてこのルドルフ・ドヴォルザークがこの世を去った後、遺品の中から発見されたその楽譜がセンセーションを巻き起こした。それがドヴォルザークの交響曲第1番の発見である。

24歳のドヴォルザークによって書かれたハ短調の交響曲で「ズロニツェの鐘」と呼ばれている。オーストリア国家奨学金とは別の懸賞に応募するために書かれたが、ドヴォルザーク本人すらその存在を忘れていたという代物だ。

この世の中のブラームスさんの遺品から、ヨハネス・ブラームスの未発表作品が発見される可能性を期待してしまう。

« もう一つの論争 | トップページ | バラード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同姓のよしみ:

« もう一つの論争 | トップページ | バラード »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ