ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 2人を映す鏡 | トップページ | 公平であること »

2010年5月25日 (火)

貿易収支

一国の輸出金額から輸入金額を差し引いた数値か。これがプラスの場合「貿易黒字」といい、マイナスの場合「貿易赤字」という。

先般から取り上げている比較伝記学の話題だ。

音楽之友社刊行の「作曲家◎人と作品」シリーズは、いわゆる大作曲家についてのコンパクトな伝記群を形成している。同じ判型、同等のページ数、共通の編集方針に貫かれた伝記たちだ。このシリーズのこうした性格は「比較伝記学」の対象にピッタリである。

そこで同シリーズで扱われた作曲家について、本文の中でのブラームスへの言及をカウントした。同時に同シリーズの「ブラームス」の中でそれらの作曲家への言及回数を併記する。

言及した回数を赤文字で示し言及された回数を青文字で示した。たとえばドヴォルザークは「5-33」だ。ブラームスの伝記でドヴォルザークに5回言及している一方、ドヴォルザークの伝記でブラームスが33回言及されていることを示している。この状態を仮に「貿易収支は黒字である」と定義した。

  1. ヘンデル 8-0
  2. バッハ 25-*
  3. ハイドン 5-*
  4. モーツアルト 7-0
  5. ベートーヴェン 46-*
  6. シューベルト 17-0
  7. メンデルスゾーン 14-*
  8. ショパン 4-0
  9. シューマン 62-21
  10. リスト 14-9
  11. ヴェルディ 1-0
  12. ワーグナー 30-6
  13. ブルックナー 2-16
  14. チャイコフスキー 4-13
  15. ドヴォルザーク 5-33
  16. プッチーニ 0-0
  17. マーラー 2-12
  18. ドビュッシー 0-0
  19. ラヴェル 0-*
  20. ストラヴィンスキー 0-*
  21. ショスタコービッチ 0-0

バッハ、ハイドン、メンデルスゾーン、ベートーヴェン、ラヴェル、ストラヴィンスキーはまだ刊行されていない。うすうす予想は出来ていたが、貿易黒字はドヴォルザーク、マーラー、チャイコフスキー、ブルックナーの4名だけだ。このうち年上はブルックナーだけである。

おバカが止まらない。

« 2人を映す鏡 | トップページ | 公平であること »

コメント

<魔女見習い様

はい。ブラームスとシューマンとドヴォルザークは我が家にありますが、その他は図書館で。
短時間で数えたので、少々怪しいかもしれませんが、全体の目安にはなるかと。

ほんとにカウントしたのですねっ!
図書館へ通ったのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貿易収支:

« 2人を映す鏡 | トップページ | 公平であること »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ