ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 歌曲特集の収穫 | トップページ | 延期の理由 »

2010年6月28日 (月)

糸杉のCD

6月10日の記事「糸杉」以来たびたび話題にしている歌曲「糸杉」のCDを発見した。弦楽四重奏版12曲については既にCDも楽譜も持っていたが、オリジナルの歌曲はなかなか入手できなかった。英国製2500円でこのほど無事ゲットである。

ドヴォルザーク25歳の作品で、アンナ夫人の実姉ヨゼフィーナへの失恋が色濃く反映しているとどんな解説書にも書いてある。全18曲からなる歌曲集だ。1887年47歳のドヴォルザークがこのうち12曲を選んで弦楽四重奏版に編曲した。とても気に入ったのでオリジナルが聴きたいと常々思っていた。ヴァイオリンソナタ第1番ト長調「雨の歌」が気に入ったから、オリジナルの歌曲も聴きたいと思うのと同じ理屈である。

聴いてみる。オリジナルの歌曲集「糸杉」とその弦楽四重奏版が1枚に収められているとは、痒いところにピタリと手が届く感じで心地よい。

歌うのはティモシー・ロビンソンというテノール歌手。弦楽四重奏版を先に聴いているから、なじみのメロディが次々と出てくる感じ。ピアノ伴奏はきわめてシンプルだ。弦楽四重奏への転写に当たり趣向を凝らしたと見るべきだ。歌曲版でサラリと仄めかされた詩的意図が、方向を変えぬまま増幅されている感じ。

弦楽四重奏側の5番と9番に見られるヴィオラ起用は、歌曲版から意表をついた感じになる。11番の第2ヴァイオリンの剽軽な音形もオリジナルには見られない。

歌曲版の楽譜がどうにも欲しくなった。

« 歌曲特集の収穫 | トップページ | 延期の理由 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 糸杉のCD:

« 歌曲特集の収穫 | トップページ | 延期の理由 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ