ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 380円のスコア | トップページ | ドヴォルザーク記事200本 »

2010年6月15日 (火)

mpmf

先般買い求めた「糸杉」弦楽四重奏版スコアで見つけた最大のサプライズだ。同曲集全12曲の2番目はさめざめとした感じが大のお気に入りなのだが、その冒頭に鎮座するれっきとしたダイナミクス用語だ。

「fp」は「強くただちに弱く」と解されて違和感がない。ブラームスの作品にもヤマほど出てくる。「mpmf」を同じノリで解釈すれば「やや弱くただちにやや強く」となる。微妙な用語をこね回すことにかけては人後に落ちないブラームスではあるが、「mpmf」は一度も使っていない。

そもそもブラームスは動体視力に配慮してか、ダイナミクス用語は3桁を上限にしている。つまり「fff」は存在するが「ffff」は存在しない。「fpp」や「fmp」も現れるが、必ず3桁に収まる。

この作品さめざめとした第一ヴァイオリンのソロが魅力だが、それに先立つ2小節前からヴィオラと第二ヴァイオリンが決然と3連符で刻む。ヘ短調を断固確保するための確信深い刻みだ。問題の「mpmf」はその刻みの冒頭に置かれている。CDを聴く限りではこの場所が「mpmf」になっているとはとても想像が出来なかった。

演奏者に考えることを強制する凄みがある。これほどの難題はブラームスにも滅多に現れない。

« 380円のスコア | トップページ | ドヴォルザーク記事200本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: mpmf:

« 380円のスコア | トップページ | ドヴォルザーク記事200本 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ