ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« わずかな修正 | トップページ | さすがチェコ »

2010年6月 5日 (土)

テ・デウム

カトリック系の賛美歌の一つで「Te deum」と綴られる。本質的には感謝の歌だが、時代が下るとともに華やかな伴奏を伴って祝典的な場面でも演奏されるようになる。ブルックナーやドヴォルザークの作品が有名だ。

ブラームスは「テ・デウム」に縁が無いと思いきや、意外な接点があった。1872年11月10日楽友協会の芸術監督就任後初めての演奏会で、ヘンデルの「ゲッティンゲン・テ・デウム」を取り上げた。英国の対仏戦勝利を祝して作曲された作品だ。ドイツ帝国成立のキッカケとなった普仏戦争勝利後初めてのシーズンの幕開けを飾るという意図があったかもしれない。

一方1872年6月5日、つまり今から138年前の今日初演された「勝利の歌」op55は普仏戦争の勝利を祝した作品だ。ドイツ帝国皇帝ウイルヘルム1世に献呈されている。なんとこの作品は、友人への手紙の中で「テ・デウム」を称されているのだ。対仏戦勝利というキッカケといい、テ・デウムというタイトルといいヘンデルの「ゲッティンゲン・テ・デウム」が念頭にあったことは確実だ。

« わずかな修正 | トップページ | さすがチェコ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テ・デウム:

« わずかな修正 | トップページ | さすがチェコ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ