ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 第4クォーター | トップページ | 糸杉 »

2010年6月 9日 (水)

マリチコスチ

チェコ語で「バガテル」のことだ。ドヴォルザークにはマリチコスチがある。「2つのヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとハルモニウムのためのマリチコスチ」op47である。6月6日の記事「さすがチェコ」で、CDを発見したとはしゃいだ。「聴いていると自然に身体が動き出すような」としか言えない健全なフォークダンス感が尊い。

ブラームスのご加護か、ドヴォルザークのお導きか、この程楽譜を入手出来た。パート譜だが、文句は言えない。ハルモニウムのパート譜には全部の楽器の動きが載っているから、事実上の総譜状態になっている。お店の人によれば総譜は出ていないそうだ。2280円を喜々として支払った。

単に聴いていた時は、楽しい舞曲としての側面が際立っていたが、楽譜を見ながら聴くと仕掛け満載で驚く。第1楽章冒頭の主題が、あちこちに埋め込まれている。特筆せねばならないのは第4楽章のカノンだ。

ドヴォルザークお得意の「舞曲羅列型」作品の中にあって、「カノン」というタイトリング自体、そもそも浮いている。第1楽章がト短調の室内楽としては、ホ長調という調性の選択も面白い。続く第5楽章がト長調でありながらイ短調で始まるスラブ風だから、そのイ短調の準備としてのホ長調かとも思う。

アンダンテ・コン・モート、8分の3拍子で第一ヴァイオリンによって開始される主題をチェロが1小節遅れて追いかけるという注文通りのカノンだ。8分音符3個分の差で進んで行くが、第2主題になると、8分音符1個分の差になってしまう。譜例無しでは説明が難儀だ。3つの弦楽器とハルモニウムの2つの手によって形成される5つの声部が、めまぐるしく役割を変える巧妙なカノンになっている。先後2声部がいつの間にか3声部に増える。中間部では、3声部が8分音符1個の差で主題を歌う。

見事だ。聴いた感じは遅めの舞曲にしか聞こえないが、ブラームスのお株を奪うような超複雑なカノンになっている。この手の聞こえと譜面づらの落差は、えらくブラームス風だ。

« 第4クォーター | トップページ | 糸杉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリチコスチ:

« 第4クォーター | トップページ | 糸杉 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ