ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 弦楽四重奏曲第9番 | トップページ | テ・デウム »

2010年6月 4日 (金)

わずかな修正

ドヴォルザークが弦楽四重奏第9番ニ短調をブラームスに捧げたことは昨日話題にした。

ブラームスに送付したスコアは、現在流布するものと違っているらしい。楽譜を受け取ったブラームスからドヴォルザークに宛てたメッセージが残っている。作品を捧げて貰ったことへの感謝を前面に押し出したものだが、慎重に言葉を選びながら一部不備も指摘している。

「いくつかの音符にシャープやフラットやナチュラルが脱落しているようです」という言い回しだ。もちろん「気を悪くしないように」と付け加えることも忘れていない。

約1年後、今度はドヴォルザークから感謝の手紙が発信されている。

「貴重なご指摘により、作品が引き締まった」旨感謝しているのだ。現在はこの引き締め後の楽譜が流布しているハズだ。

楽譜の該当箇所を示さないブラームスのやり方で、真意が通じてしまうのだから、プロ同士とは言え大した物だ。ブラームスの指摘が単なる揚げ足取りではなく、音楽的な洞察に深く立脚した愛情の賜であることを、ドヴォルザークは知り尽くしていたと感じる。出所がやや怪しい話だが勢いで公開する。

« 弦楽四重奏曲第9番 | トップページ | テ・デウム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わずかな修正:

« 弦楽四重奏曲第9番 | トップページ | テ・デウム »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ