ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ドヴォルザーク記事200本 | トップページ | 弦楽五重奏の分類 »

2010年6月17日 (木)

再びメゾピアノ

ドヴォルザークの歌曲「糸杉」の弦楽四重奏版スコアを格安で入手した話は既にした。CDを聴きながらスコアを眺めていて驚いた。「mp」がかなり目立つ。

ピアノ独奏曲における「mp」は1880年以降の作品にのみ現れた。本作は1887年だから、辻褄が合う。本作に出現する「mp」がオリジナルの歌曲「糸杉」に由来するものなのか、弦楽四重奏編曲の際に付与されたものなのか興味深い。私の仮説「mp1880年起源説」が正しければ、オリジナルの歌曲版「糸杉」には「mp」は存在しないハズだ。

弦楽四重奏版「糸杉」全12曲のうち1番、6番、8番が冒頭いきなりの「mp」だ。作品冒頭いきなりの「mp」はピアノ独奏曲では1889年詩的音画の第5曲「農民のバラード」だけに見られる。1888年の交響曲第8番の第2楽章も冒頭いきなりの「mp」だ。1895年チェロ協奏曲では第1楽章冒頭いきなり「mp」だ。

ブラームスにおける冒頭いきなりの「mp」はインテルメッツォイ短調op76-7が最初で1878年である。

« ドヴォルザーク記事200本 | トップページ | 弦楽五重奏の分類 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/47230319

この記事へのトラックバック一覧です: 再びメゾピアノ:

« ドヴォルザーク記事200本 | トップページ | 弦楽五重奏の分類 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ