ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« たった一度のソロ | トップページ | 風呂抜き »

2010年6月25日 (金)

スラブっぽい

ドヴォルザークの創作期中期の特色にスラブ時代と呼びならわされる時期がある。スラブ風な特徴が多く現れるとされている。そうしたスラブ風の特徴の一つが「2度関係の重視」である。

調性の採用において2度関係を好む傾向のことだ。第一主題と第二主題だったり、楽章間の関係だったり、序奏と主要部の関係だったりする。たとえば名高い弦楽セレナーデの終楽章は、ホ長調の主部に嬰ヘ短調が先行して始まる。

3度6度大好きのブラームスとは縁が無いと思っていたが、アガーテとの関連ばかりが取り沙汰される弦楽六重奏曲第2番がちょっと怪しい。ト長調の終楽章が実質イ短調で始まっている。これ上記のスラブ風の取り扱いにピタリと一致する。

そのつもりで見るとこの六重奏曲には思い当たる節が多い。第3楽章中間部の拍節はフリアントそっくりだ。緩徐楽章にはドヴォルザークの弦楽六重奏そっくりの旋律が現れる。作曲年代はドヴォルザークを知る前だから、ただちに影響論には発展しにくいが、ドヴォルザークの存在とは別に、スラブの特色を取り入れていた可能性もある。

アガーテという切り口で語られ過ぎて見落としがちである。

« たった一度のソロ | トップページ | 風呂抜き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スラブっぽい:

« たった一度のソロ | トップページ | 風呂抜き »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ