ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« Lento | トップページ | 蘊蓄喫茶 »

2010年7月 6日 (火)

鬼門

ライプチヒという街は、ブラームスにとって鬼門だった。

ピアノ協奏曲第1番の初演がさんざんな失敗だったことは、よく知られている他、よその街で比較的好評だった作品がライプチヒでは冷淡な反応という例が少なからずある。

ライプチヒはバッハの街、世界最古のオーケストラがある街、メンデルスゾーンが愛した街で、ドイツ屈指の大出版社もある。何よりもクララの故郷だ。世間一般にもブラームス個人にも無視できる街ではない。ある意味で音楽の都だ。

トマス教会が、カントルの地位をオファーするまでこうした傾向は続いたと思われる。

ドヴォルザークにも鬼門があった。

それはボストンだ。レクイエムやアメリカ四重奏曲が手厳しく批判された。ニューヨークに活動の本拠をおくドヴォルザークは、ブーイングの対象だったのだろうか。ボストン市民にとってドヴォルザークもヤンキースも同列なのかもしれない。

« Lento | トップページ | 蘊蓄喫茶 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼門:

« Lento | トップページ | 蘊蓄喫茶 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ