ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 弦楽器奏者ドヴォルザーク | トップページ | インディアンラメント »

2010年7月 2日 (金)

ソナティーナ

ソナティーナト長調op100(B138)は、ヴァイオリンとピアノのためのささやかな二重奏曲だ。ドヴォルザーク渡米後の1893年に作曲された。

15歳になった三女オティーリエ、10歳になった次男アントニンのための作曲したという。ヴァイオリンの習得過程にある子供への暖かなまなざしに溢れた作品だが、古典的な形式は、かたくなに守られている。子供向けなのに、いや子供向けだからこそ、形式面で妥協せぬ律儀なドヴォルザークである。

ドヴォルザークもこの時期になると、その扱われ方はまさに巨匠だ。若い頃に見られた作品番号の錯乱は最早観察できない。作品番号と実際の作曲順が符合するようになる。そしてドヴォルザーク本人がop100を区切りと考え、何か相応しい作品をと欲して作ったのが「ソナティーナ」である。

« 弦楽器奏者ドヴォルザーク | トップページ | インディアンラメント »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソナティーナ:

« 弦楽器奏者ドヴォルザーク | トップページ | インディアンラメント »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ