ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« リナルド | トップページ | 大種明かし »

2010年8月10日 (火)

ドルフ考

日本語の地名語源を考える際、アイヌ語というのは常に有力な選択肢である。これが北海道の地名に限られてもいないところが面白い。

ドイツ語ではラテン語だ。ブレスラウでおなじみ語尾の「au」については、8月7日の記事「水辺語尾」で言及したばかりだ。その周辺に面白い話がないかと探していてお宝情報に巡り会った。それが本日のお題「ドルフ」である。「dorf」と綴られるドイツ語は「村」の意味だ。シューマンの悲劇があったデュッセルドルフが有名だけれども、ドイツの地図を見ているといくらでも見つかる。

実はこの「dorf」の起源はさらに遡ることが出来るらしい。古代ゴート語だ。現代ではすっかり死語で、わずかに古文献にのみその痕跡が残る。それを操ったゴート人は、東ゲルマン民族に属する。ポーランド周辺から黒海沿岸に進出したらしいが、後にフン族に統合されてしまったともいう。ローマ人たちは彼等に手を焼いた。だから「ゴート人の」という言葉が「野蛮な」と同義になった。これが「ゴシック」の語源らしい。

どうやら古代ゴート語で「dorf」は「畑」を意味するというのだ。「おおお」ってなもんだ。狩猟採集の生活が、定住によって栽培の生活になるというのはいわゆる定石だ。狩猟をやめて定住すれば、喰うために畑を開くことは必定だ。日本ならば間違いなく田んぼだ。畑が村の語源とは、美しい整合性だと思う。問題があるとすればブラームスにこじつけられないことだ。

« リナルド | トップページ | 大種明かし »

コメント

<魔女見習い様

はい。このあたり一連のネタをブラームスにこじつけられれば、記事の数を相当稼ぐことが出来ます。

へぇへぇへぇ☆(ふるっ!)
「ドルフ」=「畑」もですが、「ゴート人の」=「野蛮な」⇒「ゴシック」とは面白いですね。
ここからさらに広がっていきそうです。(ブラームスには繋がりそうにありませんが・・・)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドルフ考:

« リナルド | トップページ | 大種明かし »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ