ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ドヴォルザーク家の家計簿 | トップページ | ヘルダー »

2010年8月13日 (金)

諸国民の声

原題を「Stimmen der Volker」(oはウムラウト)という。ドイツの文学者、詩人、哲学者のヨハン・ゴットフリート・フォン・ヘルダー1744~1803(Johan Godfried von Herder)の作品だ。「諸民族の声」とされている場合もある。

ブラームスは友人からこの本を知らされているが、どうも気に入ったようだ。晩年に至るまで座右に置かれて愛読されていた可能性がある。

  1. 「4つのバラード」op10の第1番ニ短調 「エドワード」 1854年
  2. 「8つのリートとロマンス」op14の3番 「マリーの殺害」 1858年
  3. 「8つのリートとロマンス」op14の4番 「ソネット」 1858年
  4. 「3つの二重唱」op20の1番 「愛の道1」 1858年
  5. 「3つの二重唱」op20の2番 「愛の道2」 1858年
  6. 「3つの歌」op42の3番 「ダルトラの墓場の歌」 1861年
  7. 「バラードとロマンス」op75の1番 「エドワード」 1877年
  8. 「3つのインテルメッツォ」op117-1 「ある恵まれない母親の子守唄」 1892年

上記の8曲が、明らかに「諸国民の声」に触発されている。初期から後期までちらばっているのがわかる。3番と4番を除くと、暗い内容が多い。

ブラームスの歌曲には、民謡にテキストを求めたものが多い。この7曲もその系統だ。英国とくにスコットランドの詩が独訳されたものである。

« ドヴォルザーク家の家計簿 | トップページ | ヘルダー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 諸国民の声:

« ドヴォルザーク家の家計簿 | トップページ | ヘルダー »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ