ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 傾倒の再現 | トップページ | 総集編 »

2010年9月17日 (金)

余裕がない

はじめての年間企画「ドヴォルザーク」を終えて反省を一つ。どうも記事の羅列に余裕がない。2009年上半期の企画「歌曲」でも感じたことだ。半年で80本の記事を公開した「歌曲特集」は、会期の後半になってほぼ毎日歌曲ネタになった。ドヴォルザーク特集ではその点を反省して、記事の前半傾斜を心がけたが結果としてはやはりドヴォルザークネタをピチピチに詰め込んだ状態になった。原因は当初の想定よりドヴォルザークネタが多くなったことに尽きる。

こういうことが無いようにカレンダリングにいそしんだが、ドヴォルザーク特集開催中は、アンテナが研ぎ澄まされてしまい、次々と芋づる式にネタを思いついた。会期当初に用意したドヴォルザークネタは150本だ。半年で80本の歌曲ネタより濃度は低く収まるハズだったが、特集が始まってから112本も湧いて出るとは考えていなかった。

かといってドヴォルザーク特集の会期を1年以上にするのは、得策ではない。濃度を下げるために会期を延ばすのは、場当たり的と感じる。あるいはドヴォルザーク特集の開幕を1年延期してカレンダリングを徹底するという手もあるが、いくつかの記事がタイミングを逸することになるから認めにくい。

アンチドヴォルザークの読者がいればきっとブログ離れを起こしていると思う。

« 傾倒の再現 | トップページ | 総集編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余裕がない:

« 傾倒の再現 | トップページ | 総集編 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ