ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 弱気な予想 | トップページ | 危機感を煽る »

2010年9月30日 (木)

改めてブラームス

ドヴォルザーク特集のグランドフィナーレから3週間たった。262本のドヴォルザークネタを公開して幕を閉じた。新ブログ「ドヴォルザークの辞書」を立てても、そこそこ記事が続くと書いた。しかし改めて冷静になって考えるとそうとばかりも言えない気もしてきた。

やっぱり私の脳味噌の引き出しはブラームスの方が圧倒的に数が多い。ほんの一部の楽譜しか持っていないドヴォルザークに対し、ブラームスはほぼ楽譜が揃っている。CDも同様だ。ドヴォルザークのカテゴリーに262本の記事を連ねたとはいえ、ブラームスのネタは既にざっとその5倍が堆積している。

さらに、仮にドヴォルザーク系の記事を途切れることなく発信したとしても、ブラームスとは大きく違う点がある。それは書籍「ブラームスの辞書」の存在だ。サーバー上の存在でしかないブログに加え、現実にA4判400ページの本が存在することの重みは計り知れない。ドヴォルザークラブを撤回する気持ちはないが、やっぱりブラームスを再確認する1年だった。

明日から10月。

« 弱気な予想 | トップページ | 危機感を煽る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改めてブラームス:

« 弱気な予想 | トップページ | 危機感を煽る »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ