ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« メッテルニヒ侯爵 | トップページ | ナポレオン高地 »

2010年10月21日 (木)

論功行賞

手柄のあった者への褒美。昔の武士たちにとっては何よりの褒美は、新たな領地だった。負かした相手の土地を取り上げて部下に振舞うのが主君の腕の見せ所である。ここで処遇を誤ると将来の禍根となることもあった。鎌倉時代、元寇を退けた後、御家人たちに十分な恩賞を与えられなかったことが、鎌倉幕府滅亡の伏線だったと見る向きもある。相手から土地を取り上げられなかったのだから仕方がないのだが、必死に戦った側から見れば不満タラタラだろう。時代が下ると土地の代わりに官位や茶器でごまかすという巧妙な主君もいた。

昨日の記事「メッテルニヒ侯爵」で、オーストリア宰相メッテルニヒがシュロス・ヨハニスベルクのブドウ園を、オーストリア皇帝から与えられたと書いた。ナポレオン没落後の欧州秩序の形成に功績があったと認められたのだ。シュロス・ヨハニスベルクは元々オーストリア皇帝の所有だったわけではないから、誰かから取り上げて与えたということだ。

その「誰か」を調べていて驚いた。メッテルニヒの前の持ち主はナポレオンだったのだ。皇帝ナポレオンがラインを渡って駐屯したのがラインガウ。そして居館に選んだのが、シュロス・ヨハニスベルクだった。先住の修道士たちを追い出して居座った。その間ワインの生産がどうなったのか興味は尽きない。

ナポレオン没落後、ここをメッテルニヒ侯爵家に与えるのと引き換えに収量の10%をオーストリア王室に献ずるという条件付だった。10%の年貢は、当時のドイツにおいて率としては特段の高率ではなかったが、ワインの市場価値を考慮すれば、小麦やじゃがいもと同列に論じるのは不公平だ。売上の10%ではなく、生産量の10%の物納だったらしい。

« メッテルニヒ侯爵 | トップページ | ナポレオン高地 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論功行賞:

« メッテルニヒ侯爵 | トップページ | ナポレオン高地 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ