ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« テロワール | トップページ | カール大帝 »

2010年11月 1日 (月)

ヘッセン州立醸造所

ビルロート未亡人が晩年のブラームスをもてなした「シュタインベルクのカビネット」はエーバーバッハ修道院所有の畑で採れたブドウから作られた。修道院の設立は1151年だ。現在ではそれらもろともヘッセン州の所有となっている。修道院の建物こそがヘッセン州立醸造所の本部として使用されているらしい。

シュタインベルクの畑は現在も残っていて「エアステス・ゲウェグス」(第一級畑)の評価を受けている。1971年以降意味とスペルが変わってしまってはいるものの、「シュタインベルクのカビネット」は理論上生産され得ることになる。QmPではもっともお求めやすい値段になるハズだからありがたい。

そしてそれは州のお墨付きのワインでもあるということだ。一度は飲んでみたいものだ。

« テロワール | トップページ | カール大帝 »

コメント

<魔女見習い様

解答というわけではありませんが、11月にも入ったことだし、一区切りです。
ワイン特集はもう少し続きます。

すみません。。。「解答」でした。

あー、すっきり☆
やはり回答にたどり着いていたのですね。さすが!

ここしばらくの間、「シュタインベルクのカビネット」という言葉が
頭の中をぐるぐる回っていて、すっかり覚えてしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘッセン州立醸造所:

« テロワール | トップページ | カール大帝 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ