ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ドクトル | トップページ | ミュスカデ »

2010年11月10日 (水)

ラベルの風景

昨日の記事「ドクトル」で10月13日に入手したワインについて述べた。本日はさらにその続きである。

ワインのラベルは面白い。記載の義務も多くて窮屈ではあるのだが、制約の範囲内で何とか個性を出そうという意欲が伝わってくる。今一度先般入手したラベルを見る。

Doctor_003

「Doctor」の文字の下に「Nr14」とある。そのすぐ下に描かれているのがランズフート城だ。病に倒れたのはここの殿様だ。

Doctor_002

下の方に川が描かれている。船が浮かんでいるからすぐにお判りいただけるだろう。これがモーゼル川で右手が上流だ。一番下「Mosel-Saar-Ruwer」のすぐ上に「Bernkasetel-Kues」とあるのがこのあたり一帯の地域名だ。川上から下ってきて右岸が「Bernkastel地区」で左岸が「Kues地区」。両者が合わさってBernkasetel-Kues地区と総称されているのだ。だからラベルに描かれる川の向こうがBernkastelとなる。

ラベル中央やや左寄りに白いゲレンデのように見える三角形の部分が「Doctor」の畑である。モーゼルに面した南向きの斜面約3ヘクタールだ。

« ドクトル | トップページ | ミュスカデ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラベルの風景:

« ドクトル | トップページ | ミュスカデ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ