ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 名刺代わり | トップページ | 聖アントニーのコラール »

2010年11月24日 (水)

初演オリンピック

ブラームスの作品を一度でも初演したことがある都市を現在の地図上の国別に集計した。

  • 1位 ドイツ 226回
  • 2位 オーストリア 210回
  • 3位 スイス 14回
  • 3位 イギリス 14回 全部ロンドン
  • 5位 チェコ 5回 全部プラハ
  • 6位 ハンガリー 4回 全部ブダペスト
  • 6位 ポーランド 4回
  • 8位 オランダ 2回 全部ハーグ
  • 8位 アメリカ 2回 
  • 9位 フランス 1回 全部ストラスブール(当時はドイツ領シュトラスブルク)

気付いたことをいくつか。

  1. 都市別ではダントツの第1位ウイーンを擁しながら、国別だと2位になるオーストリア。それもそのはずウィーン以外の都市ではマイニンゲンの2回が加わるだけだ。ハンブルクやベルリンを含む21の都市が226回を稼いだドイツに負けてしまう。マイニンゲンの1回は第4交響曲なのだが、今大会は「交響曲補正」がかからないから特別扱いしない。
  2. 英国と米国を除くと全てドイツ語圏と考えられる。
  3. ロンドンだけの数値で3位の英国は侮れない一方、英国と3位を分け合ったスイスはチューリヒ、バーゼル、ルツェルンの3都市がバランス良く初演している。
  4. 不明の曲が400曲近くあるので、これが判明すると順位が変わるかもしれない。
  5. 日本が無い。当たり前だが残念。

« 名刺代わり | トップページ | 聖アントニーのコラール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初演オリンピック:

« 名刺代わり | トップページ | 聖アントニーのコラール »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ