ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« リストアップの威力 | トップページ | ボストンの栄誉 »

2010年11月30日 (火)

初演再考

現在クラシック音楽の市場は演奏会、CDとも既存作品がその主たるレパートリーになっている。とりわけ演奏会では過去の作曲家の作品のうち、知名度の高いものが順列組み合わせ的に選ばれて供される。現代作曲家の新作が供されることが無いとまでは言えないが、主流ではない感じ。

ところがブラームスの時代は違った。

ブラームスに限らず名高い作曲家の新作は、鳴り物入りで宣伝された。オペラを含む大規模作品の初演は、当時の欧州楽壇のエポックだったと考えて良い。だから作曲家の伝記や解説書を見ていると、主要作品の初演の話は欠くことの出来ないエピソードになっている。オペラを遺さなかったブラームスにとっての大規模作品は、ほぼ交響曲と協奏曲に限って良い。だからそれらの初演はいつも手厚く言及される。

私は「初演とその後」にまで幅を広げて情報を収集したいと考えた。初演されたそのシーズンでの取り上げられ方を調べたのはそのためだ。ブラームスの大規模管弦楽曲が、欧州各地でどのように受け入れられたのかという興味だった。

それが記事「都市対抗初演ダービー」だ。

« リストアップの威力 | トップページ | ボストンの栄誉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初演再考:

« リストアップの威力 | トップページ | ボストンの栄誉 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ