ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ラベルの風景 | トップページ | ヘンデルヴァリエーション »

2010年11月11日 (木)

ミュスカデ

フランスはナント周辺。ロワール川が大西洋に注ぐあたり特産の白ワイン用ブドウ品種のこと。爽やかな甘口の白を生み出すという。その名声は18世紀中葉のドイツ・ライプチヒにも届いていた。

1732年とも35年とも言われる頃、バッハが作ったのが「コーヒーカンタータ」BWV211だ。コーヒー好きの娘が父親に駄々をコネる他愛の無い筋書き。ドイツ・ライプチヒのコーヒーへの熱狂を今に伝える。第4曲ロ短調8分の3拍子ソプラノのアリアは、娘がコーヒーへの思いを切々と訴える。「コーヒーはキス1000回より素晴らしい」と歌って始まる。フルートのオブリガートが美しいなどと思っていると次を聞き逃す。「ミュスカデワインよりマイルド」と続くのだ。

本日のお題「ミュスカデ」がバッハの「コーヒーカンタータ」に出てくるということだ。欧州に名の知れた甘口の白よりマイルドとは素晴らしい。これが当時のドイツを席捲したコーヒーブームなのだ。テキストの作者ピカンダーは、市民の側にあるコーヒー熱を知り尽くしていた。コーヒーの素晴らしさを示す比喩に用いる以上、万人にとって説得力がある物でなければならない。そうでなければ「ほらあのミュスカデの甘口の白よりマイルドなんですよ」とやる意味が無い。そして大事なことは、ミュスカデのワインがコーヒーを持ち上げるための小道具になっているということだ。

さて、あまりコーヒーなど飲まぬ我が家の長女が昨夜、3泊4日の修学旅行から無事帰宅した。母は道中の無事を祈ってささやかなコーヒー断ちであった。

« ラベルの風景 | トップページ | ヘンデルヴァリエーション »

コメント

<田中文人様

恐れ入ります。苦し紛れに探し出したワインネタに暖かなコメントをいただき心強い限りです。

コーヒー・カンタータ大好きです。勉強になりました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミュスカデ:

« ラベルの風景 | トップページ | ヘンデルヴァリエーション »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ