ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« やっぱりジムロック | トップページ | 成人の日の想い出 »

2011年1月14日 (金)

2年目のジンクス

主にプロスポーツにおいて、デビュウ1年目で活躍した選手が、2年目に伸び悩む現象のこと。野球に多い気がする。統計的には投手に発生し易いらしい。

初演を含む最初のシーズンで評判が良かったブラームスの作品に、2年目のジンクスはあるのだろうか。ここでも初シーズンに出版が凍結されることがうまく作用すると感じる。1年目には演奏したくてもできなかった人々に対し、新シーズンを前に楽譜の販売が始まるからだ。評判のブラームスの新作をやっと演奏できるのだ。2年目のジンクスはあり得ない。

ここで昨年12月2日の記事「秋冬制」のリストを見て欲しい。

  1. 76~77シーズン 交響曲第1番(76年11月)
  2. 77~78シーズン 交響曲第2番(77年12月)
  3. 78~79シーズン ヴァイオリン協奏曲(79年1月)
  4. 79~80シーズン ヴァイオリン協奏曲普及
  5. 80~81シーズン (大学祝典序曲、悲劇的序曲)
  6. 81~82シーズン ピアノ協奏曲第2番(81年10月)
  7. 82~83シーズン ピアノ協奏曲第2番普及
  8. 83~84シーズン 交響曲第3番(83年12月)
  9. 84~85シーズン 交響曲第3番普及 
  10. 85~86シーズン 交響曲第4番(85年10月)
  11. 86~87シーズン 交響曲第4番普及
  12. 87~88シーズン ヴァイオリンとチェロのための協奏曲(87年11月)

第1交響曲、第2交響曲、ヴァイオリン協奏曲の3曲は、立て続けだったが、それ以降は隔年になる。もし立て続けだったら、やっと新作の楽譜にありついた人々の演奏(上記赤文字)と、次の新作の演奏が同一シーズンにかぶることになる。新作の発表を隔年にすることで、聴衆の目を1点に集中させることが出来る。

巧妙なマーケティングだ。

« やっぱりジムロック | トップページ | 成人の日の想い出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2年目のジンクス:

« やっぱりジムロック | トップページ | 成人の日の想い出 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ