ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 挨拶回り | トップページ | 新音楽時報 »

2011年1月 5日 (水)

ライプチヒの歓待

当初冷たい対応をしたライプチヒが、やがてブラームス作品を暖かく受け入れるようになったことを一連の記事で述べてきた。

ライプチヒの音楽界がブラームスをどのように遇したかを示す資料に出会った。音楽之友社刊行・日本ブラームス協編「ブラームスの実像」の中だ。ほぼ唯一の作曲の弟子グスタフ・イェンナーの手記が掲載されている。キール出身のイェンナーがブラームスとの初対面を回想している。キールにいたイェンナーはベルリンを経由してライプチヒに赴く。そこに演奏旅行で訪れているブラームスと面会するためだ。ベルリンからライプチヒまではヨアヒム四重奏団と合流したとある。ヨアヒム四重奏団の目的地もライプチヒだったのだ。

ライプチヒで何があるかと申せば1887年1月1日のヴァイオリンとチェロのための協奏曲のライプチヒ初演だ。ブラームスも初演に立ち会うためにライプチヒに滞在していたというわけだ。ピアノ三重奏曲第3番もこの滞在中に初演されたという。

約2週間の滞在中、毎晩主催者を代えてレセプションがあり、たくさんの音楽家が顔を揃えたと証言されている。いつでもブラームスが集まりの中心だったらしい。

1887年にはライプチヒにおけるブラームスの地位は盤石だったと推定出来る。

« 挨拶回り | トップページ | 新音楽時報 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライプチヒの歓待:

« 挨拶回り | トップページ | 新音楽時報 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ