ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ジョーク | トップページ | 初演特集総集編 »

2011年1月22日 (土)

不評の原因分析

ピアノ協奏曲第1番の初演が、さんざんの評判だったことは既に述べた。

1859年1月22日ライプチヒだ。不評やむなしの条件が揃っていたとも言える。

ライプチヒは恩師シューマンが「新音楽時報」を創刊した街だ。ブラームスの出現に驚喜したシューマンがセンセーショナルな論文を投稿したが、そのころ既にシューマンは編集主幹の座を離れていた。後任はフランツ・ブレンデルという人物。どちらかと申せばあちら側の論客だ。つまりシューマン創刊の「新音楽時報」は、既に「新ドイツ派の機関誌」という位置付けになっていたのだ。

シューマンがベートーヴェンの後継者と絶賛する若者が、新ドイツ派のホームでいきなりデビュー戦を戦ったようなものだ。お手並み拝見モード満載、こてこてのアウェイだ。

ブラームスは失意の中で友人たちに書き送る。「そもそも有力なピアニストは皆新ドイツ派だから、取り上げてもらえるはずも無い」と歎く。リスト、ビューロー、タウジヒ等、ブラームスの超絶協奏曲を弾きこなせそうなピアニストは新ドイツ派に属していたから、半ば諦め顔のブラームスだ。

そんなことはない。クララを忘れては困る。

« ジョーク | トップページ | 初演特集総集編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不評の原因分析:

« ジョーク | トップページ | 初演特集総集編 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ