ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 成人の日の想い出 | トップページ | 暗い泉 »

2011年1月16日 (日)

ハンブルクの不調

1月2日の記事「ライプチヒの誇り」で「都市対抗初演ダービー」の優勝がライプチヒに決定したと書いた。ウィーンが惜しくも2着だとも申し上げた。

これはもしかすると万馬券の可能性がある。ライプチヒはピアノ協奏曲第1番の初演失敗の件に加え、リスト・ワーグナー派の中心的な位置づけでもあったから、ブラームス作品の受容に意欲的だとは思えないからだ。

ウィーンの優勢は自然として、それに次ぐとしたら故郷のハンブルクを思い浮かべるのが妥当というものだ。ハンブルクはピアノ協奏曲第2番、交響曲第3番、ヴァイオリンとチェロのための協奏曲の3曲が、初演そのシーズンに取り上げられているに過ぎない。ウィーンやライプチヒには元より、ロンドンやアムステルダムの後塵を拝している。

ハンブルクフィルハーモニーのポストを熱望しながら、何度もあったチャンスを全て物に出来ないブラームスとハンブルクの溝は思いの外深いと見た。もしもドイツレクイエムの初演の栄光をブレーメンから強奪出来ていればまだしも、1889年にブラームスを名誉市民に選定して帳尻合わせを狙ったが後の祭りだ。

« 成人の日の想い出 | トップページ | 暗い泉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンブルクの不調:

« 成人の日の想い出 | トップページ | 暗い泉 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ