ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 発売初日 | トップページ | 初版出版社一覧表 »

2011年1月26日 (水)

初演と初版

少なくとも大規模管弦楽曲においては、その初演と楽譜の出版の時期について、無視できない関係があると書いた。それはブラームスの都合と言うよりも出版社の都合であり、事実上ジムロックの事情でもあると推定した。

出版そのものは芸術的な創作行為とまでは言えないが、音楽の普及においては欠かすことは出来ない。昨年秋から初演について記事を重ねてきたが、これより出版についても考えを深めて行きたい。とりわけ最初の刊行、つまり初版について記事を連ねて行くこととする。

次なる演目は「初版」である。初版にまつわるあれこれを出版社間の悲喜こもごもを交えて掘り下げる。

« 発売初日 | トップページ | 初版出版社一覧表 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初演と初版:

« 発売初日 | トップページ | 初版出版社一覧表 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ