ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 本社移転 | トップページ | 聖霊降臨祭 »

2011年2月11日 (金)

代変わり

ライプチヒにおけるピアノ協奏曲第1番の不評は、順調に見えた作品の出版にも影響を与えた。海千山千の出版社の腰が引けて来るのだ。シューマンのセンセーショナルな紹介記事で、にわかに注目が高まりはしたが、お手並み拝見モードだった人々も多い。ましてや出版社は慎重だ。楽譜が売れねば損をかぶるのだから無理もない。ブライトコップフ社も様子見モードに入った。あの大作「ドイツレクイエム」出版の栄誉はスイスの出版社「リーター・ヴィーダーマン社」の上に輝いている。ドイツの出版社の腰砕け振りが透けて見える。

1860年シューマン追悼の式典がボンで開かれブラームスも出席した。そこで出版人のペーター・ヨーゼフ・ジムロックと面識を持つ。もちろんブラームスは作品の出版を持ちかけるが、彼は慎重な姿勢を崩さない。「管弦楽のためのセレナーデ第2番」他少々の室内楽を出版するにとどまった。

むしろ重要なのは、この時に知り合った社長の息子フリッツだった。音楽を含む一般教養も豊かだったフリッツとブラームスはたちまち深い友情で結ばれた。おそらく1868年のジムロック社の本社移転は、フリッツへの社長交代がキッカケになったと考える。父親ペーター・ヨーゼフが没した日時が解らないのだ。1868年前後に父が没してフリッツが社長に就任していると考えたい。

ジムロック社はベルリン移転、つまりフリッツの社長就任とともにブラームス作品に積極的になる。1869年ハンガリア舞曲のブレークはその最初のサクセスストーリーだ。やがてジムロックはブライトコップフ社の失策にも乗じて、ブラームスを事業の根幹に据え、ドヴォルザークさえその傘下に取り込む。

« 本社移転 | トップページ | 聖霊降臨祭 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代変わり:

« 本社移転 | トップページ | 聖霊降臨祭 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ