ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ジムロックの会計年度 | トップページ | 空白の理由 »

2011年2月27日 (日)

衰えの兆候

昨日の記事「ジムロックの会計年度」に掲載した表を見て欲しい。

1890年~91年にかけての年度に刊行された新作は弦楽五重奏曲第2番ただ1曲だ。ブラームスの伝記を紐とけば、この作品を作曲した後、ブラームスが創作力の減退を感じたということが書かれている。後世の愛好家の立場で申せば、この五重奏曲の出来栄えは素晴らしいが、この年度はこの曲しか出版に回せなかったのだ。

その後一連のクラリネット入りの作品を出してスランプ脱出とされていることも多い。アウトプットの量という意味で申せば、89年~90年のシーズンのみ目立つが、その後はさほどでもない気がする。

そしてそのことは、ブラームス自身よりも出版人ジムロックが、認識していたと考えてよい。

« ジムロックの会計年度 | トップページ | 空白の理由 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衰えの兆候:

« ジムロックの会計年度 | トップページ | 空白の理由 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ