ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 第3ソナタをめぐって | トップページ | 版権買い取りの範囲 »

2011年2月14日 (月)

版権

印刷物を出版する権利とでも言うのだろう。

一般に著者が持っているのではなく、出版社が持っているものだという。自費出版と一般の出版ではまた事情が違うと思われる。

本がベストセラーにでもなれば版権の持ち主たる出版社は、大もうけが出来るという。残念ながらベストセラーになるかどうかを原稿の段階で正確に予測することは難しい。だから作品の版権を獲得することは、出版者にとってはある種のギャンブル。ましてやその版権の獲得に大金を投じることにでもなれば尚更だ。

1888年4月。ブラームスの友人にして出版社のジムロックは、商売上の競争相手ブライトコップフ社からブラームスの初期作品の版権を買い取った。1888年といえば交響曲も既に全て世に出た後だ。つまり作曲家ブラームスの名声は高値安定の域にあった。ブラームスはジムロックからの手紙での報告が4月1日であったことを指して、「エイプリルフールならいいのに」と驚いて見せた。

ジムロックの払った金額が莫大だったのだ。ブラームスは作品の原稿と引き換えにブライトコップフ社から受け取った金額を記憶していたから、この取引でブライトコップフ社がどれほど儲けたかたちまち察したに違いない。ブラームスは「とてもおめでとうとはいえない」と手紙を結んでいる。

ドヴォルザークに対する姿勢とは雲泥の差だ。ジムロックの商売上の嗅覚は鋭い。ブラームスへの友情などという奇麗事ではないのだ。ブラームス作品の版権を有することの商売上の意義を、ブラームス以上にしっかりと認識していたに違いない。

« 第3ソナタをめぐって | トップページ | 版権買い取りの範囲 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 版権:

« 第3ソナタをめぐって | トップページ | 版権買い取りの範囲 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ