ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 標準小売価格 | トップページ | 組版の知識 »

2011年2月22日 (火)

歌曲の発売単位

昨日の記事「標準小売価格」を書くためにマッコークルを調べていて、わくわくするような仮説にたどり着いた。ジムロック社がボンからベルリンへ移転するのは1866年のホルントリオop40の後だ。おそらくこの間に社長の交代があり、ブラームスの友人フリッツ・ジムロックが父から経営権を譲り受けた。それを前提に以下の表をご覧いただく。歌曲の作品一覧と、初版のページ数を示す。

op19のジムロックは父だが、op46は息子である。息子つまりベルリンのジムロックになって初めて手がけたブラームス作品がop46だった。その後op49まで4つの歌曲が続けざまにジムロックから刊行されたが、全て刷り上り15ページになっている。収録曲数は4、5、7、5とまちまちだが、全部15ページだ。

  1. 6つの歌曲op3 15ページ ブライトコップフ
  2. 6つの歌曲op6 23ページ ゼンフ
  3. 6つの歌曲op7 13ページ ブライトコップフ
  4. 8つの歌曲op14 23ページ リーターヴィーダーマン
  5. 5つの歌曲op19 13ページ ジムロック
  6. 9つの歌曲op32 26ページ リーターヴィーダーマン 
  7. 4つの歌曲op43 19ページ リーターヴィーダーマン
  8. 4つの歌曲op46 15ページ ジムロック
  9. 5つの歌曲op47 15ページ ジムロック
  10. 7つの歌曲op48 15ページ ジムロック
  11. 5つの歌曲op49 15ページ ジムロック
  12. 8つの歌曲op57 15ページ リーターヴィーダーマン 
  13. 8つの歌曲op58 15ページ リーターヴィーダーマン 
  14. 8つの歌曲op59 上巻21ページ リーターヴィーダーマン
  15. 8つの歌曲op59 下巻14ページ リーターヴィーダーマン
  16. 9つの歌曲op63 上巻20ページ ペータース
  17. 9つの歌曲op63 下巻20ページ ペータース
  18. 9つの歌曲op69 上巻19ページ ジムロック
  19. 9つの歌曲op69 下巻22ページ ジムロック
  20. 4つの歌曲op70 15ページ ジムロック
  21. 5つの歌曲op71 19ページ ジムロック
  22. 5つの歌曲op72 19ページ ジムロック
  23. 5つの歌曲op84 23ページ ジムロック
  24. 6つの歌曲op85 19ページ ジムロック   
  25. 6つの歌曲op86 21ページ ジムロック
  26. 5つの歌曲op94 14ページ ジムロック
  27. 7つの歌曲op95 23ページ ジムロック
  28. 4つの歌曲op96 15ページ ジムロック
  29. 6つの歌曲op97 19ページ ジムロック
  30. 5つの歌曲op105 21ページ ジムロック
  31. 5つの歌曲op106 19ページ ジムロック
  32. 5つの歌曲op107 15ページ ジムロック
  33. 4つの厳粛な歌op121 19ページ ジムロック

私は自費出版に向けたやりとりの中で、ページ数は出来れば16の倍数がいいと言われた。どうしてもだめなら8の倍数になるようにと薦められた。そうすると組版の効率がいいからだ。効率がいいとはすなわちコストを下げられるということだ。上記のページ数は表紙を「1」と数えている。たとえば15ページと言えば8枚の紙に両面印刷して綴じた感じである。つまり実質16ページだ。

交響曲など大作については刷り上りページ数を考慮することなど無理に決まっているが、書き溜めたストックからその都度適宜印刷に回していた歌曲の場合、組版効率のいいページ数に収まるように作品を選んでいた可能性を考えている。上記の表の中で色をつけたのが「4n-1」というページ数を持つ作品だ。実質のページ数が4の倍数になるということだ。

歌曲において一つの作品番号に収める作品の数に規則性がありはせぬかと、ずっと考えていたが極めて難解だった。組版効率のよいページ数になるようブラームスが協力していたということは無いだろうか。ジムロック社の経営実権を握ったフリッツの提案で、ブラームスが協力したなどということは考えすぎだろうか。

「4n-1」になっていない作品のうちop63とop69にはその理由もある。これらは「青春」「郷愁」というテーマを持たせた事実上の連作歌曲だから刷り上がりページ数の調整が難しい。

ピアノ小品の事情も歌曲と似ている。

  1. バラードop10 23ページ ブライトコップフ
  2. 8つの小品op76 上下各18ページ ジムロック
  3. 7つの幻想曲 op116 上巻18ページ ジムロック
  4. 7つの幻想曲 op116 下巻15ページ ジムロック
  5. 3つのインテルメッツォop117 15ページ ジムロック
  6. 6つの小品 op118 19ページ ジムロック
  7. 4つの小品 op119 19ページ ジムロック

見ての通り「4n-1」が目立つ。

作品が一定数たまるとその都度印刷に回すという出版形態の場合、単一作品番号にどう収録するかには、組版効率も十分に考慮され、演奏に支障の無い限りブラームスも承知していたと考えたい。

« 標準小売価格 | トップページ | 組版の知識 »

コメント

<narkejp様

ありがとうございます。
ブラームスに関連するサイトや書物でも、あまり言及されていないようですので、初版特集中盤のヤマ場と位置付けておりましたが、コメント頂戴して嬉しい限りです。

紙を折って裏表で4頁。これが基本でしょうから、頷けます。あとは、大きい紙にどう割り付けるかで、印刷して折って断裁すると一気にページ構成ができてしまう。大判の輪転機だと16頁、小型の輪転機なら8頁、ということでしょうか。たいへん興味深い仮説だと思います。問題は、ブラームスと友人ジムロックと、どちらが主導した結果だったのか、という点ですが、今後の展開にご期待を申し上げます(^-^)/
(私は印刷業界人ではありませんが、TeX/LaTeX という理工系御用達の組版ソフト等を通じて、このあたりの概念には多少明るくなりました。)

<田中文人様

おぉお。これはこれは印刷業界におられましたか!心強いコメントありがとうございます。

かつて印刷業界にいた人間としては、実に興味深い仮説です。面白い!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌曲の発売単位:

« 標準小売価格 | トップページ | 組版の知識 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ