ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 筋を通す | トップページ | ある日のディナー »

2011年2月19日 (土)

ある疑問

ジムロックが当時絶版になっていた3曲のピアノソナタを新たに刊行するためにブライトコップフ社から版権を買い取ったらしい。音楽之友社刊行の「ブラームスのピアノ音楽」には、「op1、op2、op5について初版の出版人であるブライトコップフから版権を買い取った」と明記されている。

おかしい。

マッコークルによればピアノソナタ3曲のうちブライトコップフ社から初版が刊行されているのは1番と2番だけで、3番はゼンフ社から出されている。「3つともブライトコップフ」ではない。

2月15日の記事「版権買取の範囲」でブライトコップフ以外に初版を刊行した出版社には版権の買取を仕掛けなかったのかと疑問を提示した。ゼンフ社もそのうちのひとつだ。もしかするとゼンフ社は同じライプチヒのブライトコップフに何らかの形でピアノソナタ第3番の版権を譲渡したのではないかと感じる。

1888年ジムロックがブライトコップフから版権を買い取った時点で、ピアノソナタ第3番の版権がブライトコップフに移っていた可能性がある。

« 筋を通す | トップページ | ある日のディナー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある疑問:

« 筋を通す | トップページ | ある日のディナー »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ