ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 歌曲の発売単位 | トップページ | 絶版譜の復刻 »

2011年2月23日 (水)

組版の知識

ブラームスと出版人ジムロックの交友は有名である。大出版社ジムロックの社長に就任する前からの付き合いだ。ジムロックとの付き合いはブラームスに出版関連の知識をもたらしたと思われる。

交響曲第3番は、ブラームスの4つの交響曲の中では最も規模が小さい。このことはブラームス本人もよく認識していて、友人宛の手紙の中で「Symphonichen」としていることからも明らかだ。交響曲が縮小語尾によってモデファイされている。いわば「小交響曲」のニュアンスだ。

第3交響曲の規模の小ささを踏まえた言い回しがある。友人への手紙の中で「第3交響曲は短いから、組版も簡単に出来る」というくだりがある。このエピソードは、どんな書物でももっぱら交響曲第3番の規模が小さいという指摘のために引用される。私としては、そのこととは別に、ブラームスが出版の工程にも明るかった証拠だと思っている。

いくつもの出版社と刊行の交渉をするうちに、出版社側の事情にも精通していたと解したい。出版社から見たブラームスは、超一流の作曲家であったと同時に、タフな交渉相手でもあったと考える。

« 歌曲の発売単位 | トップページ | 絶版譜の復刻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組版の知識:

« 歌曲の発売単位 | トップページ | 絶版譜の復刻 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ