ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 代変わり | トップページ | 第3ソナタをめぐって »

2011年2月12日 (土)

聖霊降臨祭

ブラームスの友人で、大出版社を経営するフリッツ・ジムロックとブラームスの出会いを調べていた。音楽之友社刊行の「作曲家◎人と芸術シリーズ」の「ブラームス」の72ページに大きなヒントが載っている。

1860年5月27日から30日までデュッセルドルフでライン音楽祭が開催され、ブラームスがそこで友人たちと親しく交流したと書かれている。そしてブラームスはその音楽祭の後、ボンに移動して聖霊降臨祭の日に行われたシューマン追悼祭に出席したとある。ジムロックと出会ったのはこのときとされている。

ボンはジムロック社創業の地だから一応辻褄が合う。

しかし1860年の聖霊降臨祭の日付を調べていて疑問が湧いた。その年1860年の聖霊降臨祭は5月27日だったのだ。聖霊降臨祭は復活祭の49日後だ。復活祭は春分の日以降に訪れる最初の満月の日の次の日曜日と決まっているから、年によってズレる。復活祭を計算起点とする祝日もまた同様だ。

上記書物の記載を信じる限り、その年の聖霊降臨祭は6月1日以降でないと辻褄が合わない。これが東方教会となると話は別で6月3日が聖霊降臨祭だ。ブラームスのドイツレクイエム初演が1868年の聖金曜日とされているから、ドイツが西方教会に属しているのは明らかだ。

どこかに何らかの行き違いがあると考えざるを得ない。

« 代変わり | トップページ | 第3ソナタをめぐって »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖霊降臨祭:

« 代変わり | トップページ | 第3ソナタをめぐって »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ