ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 普仏戦争 | トップページ | 衰えの兆候 »

2011年2月26日 (土)

ジムロックの会計年度

日本では4月に年度が始まり、翌年3月が年度末になる。これが欧米では10月始まりの翌年9月というサイクルが主流ではあるまいかと12月2日の記事「秋春制」で述べた。ドイツの出版社ジムロックの会計年度も、このサイクルではないかと想像する。

1868年以降ベルリンに居を構えたジムロックは、経営者フリッツと作曲家本人との蜜月関係を背景に、ブラームス作品の刊行を独占して行く様子は、1月27日の記事「初版出版社一覧」で明らかとなった。本日はそれを「会計年度」という切り口から再考する。

1868年10月「4つの歌曲」op46の初版を刊行してベルリン・ジムロック社の躍進が始まる。同年ブラームスの出世作「ドイツレクイエム」がリーターヴィーダーマン社から刊行されているが、ジムロックはその陰でひっそりと歌曲を出していた。

  1. 68/69 op46他3集の歌曲そして何よりハンガリア舞曲でブレーク。
  2. 69/70 「16のワルツ」op39 ハンガリア舞曲の次の矢だ。
  3. 70/71 謎の空白
  4. 71/72 運命の歌
  5. 72/73 勝利の歌
  6. 73/74 弦楽四重奏曲2つとハイドンの主題による変奏曲
  7. 74/75 年度末ギリギリにワルツ愛の歌で一矢報いる。
  8. 75/76 ピアノ四重奏曲第3番
  9. 76/77 弦楽四重奏曲第3番
  10. 77/78 交響曲第1番を年度初頭に、同2番を年度末に出す。
  11. 78/79 ハッスルした前年の反動かモテットとピアノ小品op76でお茶を濁した。
  12. 79/80 ヴァイオリン協奏曲とソナタ雨の歌、ハンガリア舞曲とラプソディop79
  13. 80/81 前年の反動か大学祝典序曲と悲劇的序曲を押し詰まってから出す。
  14. 81/82 ピアノ協奏曲第2番と歌曲3つ
  15. 82/83 ピアノ三重奏曲第2番と弦楽五重奏曲第1番、運命の女神の歌
  16. 83/84 交響曲第3番
  17. 84/85 歌曲5つでごまかす。
  18. 85/86 歌曲2つだけ。ブラ4作曲に2夏かかった皺寄せ。
  19. 86/87 交響曲第4番。チェロソナタ、ヴァイオリンソナタ、ピアノ三重奏曲。
  20. 87/88 ヴァイオリンとチェロのための協奏曲
  21. 88/89 声楽作品4つとヴァイオリンソナタ第3番
  22. 89/90 op109とop110
  23. 90/91 弦楽五重奏曲第2番だけ
  24. 91/92 クラリネット三重奏曲と同五重奏曲
  25. 92/93 ピアノ小品op116とインテルメッツォop117
  26. 93/94 ピアノ小品op118とop119
  27. 94/95 49のドイツ民謡集とクラリネットソナタ
  28. 95/96 4つの厳粛な歌

上記3番1870年~71年のシーズンに空白を作って以降、ジムロックがブラームスの新作を手がけなかった年度は無い。蜜月関係を背景にブラームスの財産管理人でもあったジムロックが、万が一経営で失態を犯して社業が傾くと、財産管理を委託していたブラームスも困るのだ。ジムロック社の楽譜事業の基幹がブラームスであることは確実だから、空白の年度を作らないように配慮していたと感じる。

« 普仏戦争 | トップページ | 衰えの兆候 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジムロックの会計年度:

« 普仏戦争 | トップページ | 衰えの兆候 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ