ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 空白の理由 | トップページ | 悪乗りついで »

2011年3月 1日 (火)

公然の秘密

当事者は秘密にしているつもり、あるいは秘密という前提で行動しているのに、世の中に広く知られてしまっている状態を言う。

ブラームス作品の刊行についてジムロック社の絶対優位の状況を掘り下げてきた。その過程でささやかな疑問が湧いてきた。

ジムロック社の社長フリッツ・ジムロックが作曲家ブラームスの財産管理人である事実を、世間様はどれほど認識していたのだろう。あるいは世間様まで範囲を広げずとも音楽界では、どう認識されていたのだろう。この事実が秘匿出来ていたのか、はたまた公然の秘密だったのかに興味がある。

出版の実績から見れば、ただならぬ関係にあるということは出版業界では自明のことだったに違いないが、財産管理を一任するほどの間柄だったことは、あまねく知られていたのだろうか。

« 空白の理由 | トップページ | 悪乗りついで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公然の秘密:

« 空白の理由 | トップページ | 悪乗りついで »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ