ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 聴牌 | トップページ | 献呈より凄い »

2011年3月25日 (金)

献呈されない不思議

ロベルト・シューマンがブラームスから作品の献呈を受けていないと書いた。

もう一人意外なことに作品の献呈を受けていない人物がいる。クラリネット奏者リヒャルト・ミュールフェルトだ。ブラームス最晩年のクラリネット入り室内楽は、ミュールフェルトとのコンタクトから生まれたことは間違いない。ブラームスの惚れ込みようは半端ではないが、作品の献呈は一切されていない。

おそらくブラームスにもその意識はあったと思われる。その証拠にクラリネットソナタ2曲の自筆譜が、ミュールフェルトに贈られている。

ブラームス自身の社会的地位の向上により、献呈という行為が重みをました結果だと思われる。印刷譜の表紙に名前が載るよりも、作曲者本人から自筆譜を貰う方が嬉しいという考え方もありそうだ。

« 聴牌 | トップページ | 献呈より凄い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 献呈されない不思議:

« 聴牌 | トップページ | 献呈より凄い »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ